RSS Feed

Monthly Archives: January 2011

21世紀にめざめたオーロラ姫

Posted on

眠れる森の美女、 なぜか現代にめざめることに…。

Oxford Reading Tree: Stage 15: TreeTops: More Stories A: Luke Lively and the Castle of Sleep (Treetops Fiction) Oxford Reading Tree: Stage 15: TreeTops: More Stories A: Luke Lively and the Castle of Sleep (Treetops Fiction)
Margaret McAllister Debbie White Annie Dalton Shirley Isherwood Judy Brown

Oxford University Press 2005-09-29
売り上げランキング : 1280748

Amazonで詳しく見る by G-Tools

全95ページですが、挿絵もふんだんにつかわれており、肩もこる前に読み終われる長さ。語数でいうと1万語。
パロディです。

オーロラ姫は明日めざめる予定になっているのに、たすけに来るはずの王子はフィットネストレーナーのポーラと恋の逃避行。Ministry for Fairytale Regenerationはおおさわぎ。コンピューターがnext best thingとして出した答は、ごくふつうの少年。Ministryは強力な助っ人Gretl Gretaを送りこみ、なんとか物語を成立させようとする。ふつーの少年Lukeは、あれよあれよという間に、流れにのせられてしまい、オーロラ姫をめざめさせてしまう。さあ、それからがたいへん。お転婆でがんこなオーロラ姫と、世話好きなLukeの母と、強引なGretaにかこまれて少年Lukeはとまどうばかり。古いお城と家来、従業員たちの今後をどうにかするためにふたりで取り組んだプロジェクトが企業に認められ、すべては丸くおさまりそうになった…やさきに、本物の王子がもどってきた!

どたばたした物語のなかに、百年以上も眠っていた、たくさんの従業員たちの今後の生活をどうするのか、お城そのものはどうやって維持していくのか、など、現実的な問題も出てきます。なるほどねぇ。


わたしが読んだのはこちら。これが古い版なのかな?アマゾンと画像がことなりますが。
Judy Brownさんのイラストがまた楽しさをプラスしていると思います。
こういう パッとしない男の子が主人公のお話はけっこう好み。あんまり女の子が強すぎるのはいやだけど、このお話のオーロラ姫は、がんこな中にもさすがお姫さまの気品があって(?)好きでした。

TreeTopsは、長くはないけれど短かすぎることもないので、きちんとお話が無理なく成立していて、おすすめです。

everyday-mystery

Posted on

わたしの好きな日常の謎系。おススメ!

Mini Mysteries 3: 20 More Tricky Tales to Untangle (American Girl Mysteries) Mini Mysteries 3: 20 More Tricky Tales to Untangle (American Girl Mysteries)
Rick Walton Lauren Scheuer

American Girl Publishing Inc 2007-08-20
売り上げランキング : 273586

Amazonで詳しく見る by G-Tools

“Girls like mysteries! Again, Marie and her good friends get together to have fun and to solve mysteries. In this volume, Marie and Noelle are planning to visit Hawaii, and for that they have to earn money. Marie and her pals are busy doing their jobs and being private eyes!”

Life is full of mysteries, and these are some of the mysteries Marie faces this time:
Frind out whether Noelle’s parents are planning moving to somewhere else or not.
Where did Noelle’s Mom bury her present?
Why Mrs Olsen sent Marie a mysterious e-mail?
Who stole Marie’s pizza?

Each chapter has 3 to 4 pages, and is easy to read. Think hard before open the “case closed” folder to find how Marie and her pals solved the mysteries.
I wish there are mystery books for grown-ups which have smae taste like this.
Are there?

ユーモラスな関係~Polly and the Wolf Again~

Posted on

“Polly is a clever girl and the Wolf is stupid. Who said so? Wolf was fed up. He wanted to show the world that he was much cleverer than the little girl and to eat her all up!
So Wolf started his own story, but writing a book was a really tough thing for him. After tried over and over, he threw the paper away and went to ask for an advice to the clever girl, Polly,who, he was sure, would be helpful to him. ”

It is one title of a long seller series written by Catherine Storr, originally printed in 1957. I read only this title, though.

Wolf thinks and talks and tries very well but he always fails. He is a wolf and only wants to eat fresh meat, but Polly is clever enough to escape in elegant way. phew.
It reminds of me a Sasaki Maki’s work, 「なぞなぞライオン」. A lion tries to eat a girl, but he cannot, becvause the girl can think fast and beats the lion with many fun riddles.

なぞなぞライオン (おはなしパレード) なぞなぞライオン (おはなしパレード)
佐々木 マキ理論社 1997-02
売り上げランキング : 178882

by G-Tools

Polly sometimes felt sorry for the Wolf because he always made stupid mistakes, so she talked him politely, and even treated him a delicious ice-cream on a crazy hot summer day. She seems like the Wolf’s mother or wise wife….,yes, she was a good care-taker of his.

But once Polly was really scared when the Wolf kidnapped her little sister. She had to think hard how she could help her pretty and innocent sister from the violent meat eater.
And then, she found out something incredible. I’m not going to describe it here for someone who haven’t read it yet.

It is humorous, and you can also enjoy the special taste of old drawings on cover and inside the new edition coming soon.

Polly and the Wolf Again Polly and the Wolf Again
Catherine Storr Marjorie-Ann WattsJane Nissen Books 2011-04-01
売り上げランキング :

by G-Tools

stars and dots ~You Are Special~

Posted on
You Are Special You Are Special
Max Lucado Sergio Martinez

Candle Books 2004-09-17
売り上げランキング : 78351

Amazonで詳しく見る by G-Tools

“This is a story of a wooden people. Every day they gave each other stickers. If they are pretty, they get star stickers. If the wood was rough, they get dot stickers. If they can do something very well, they get stars, but if they make mistakes, they get dots. Punchinello got dots all over his body. He wanted stars too, but how hard he tired to do, he messed up and got another dot. One day he was so suprised to see a wooden girl who had no stickers at all. He asked her the secret, and her answer was….”

Is it a book for grown-ups?
The atmosphere of the wooden people world is scary, but, I must admit this is our world.

Recently I have been a little tired, and my friend worried about me and lent this book to me to cheer me up. Oh, how lucky I am. Thank you, Clara!
Not only children. We all need to be told “You are special” once in a while.

tadokuオフ会のお知らせ~吉祥寺~

Posted on

tadokistのWhiskersさんをお迎えして、tadokuオフ会をひらきます。

日時:2月6日(日)12時から ~(終わりの時間は顔ぶれ次第です) 
場所:吉祥寺 Sullivan’s Irish Pub 地図

オフ会というと、初めはちょっと緊張するかもしれませんが、
ただただtadoku好きなひとたちが集まってtadokuを語り合う…だけではなく、
もう本当にどうでもいいようなことも、夢も妄想も、tadokuとまったく関係ないことも、
とにかく楽しくおしゃべりする会です。
みんなに見せびらかしたい本やガジェットがあれば、ぜひお持ちください。
そして語ってください!
もちろん、tadokuについて、さかい先生にきいてみたい、ベテランtadokistの体験を聞きたい、という方も歓迎です。

参加表明はtadoku.org掲示板にコメントを残すか、メールでお願いします。
詳細は tadoku.org多読村 オフ会の掲示板をご覧ください。

ぜひ、お越しください。
お待ちしております♪
:)

死が二人を分かつまで…

Posted on

出逢いがあれば別れもある…。

The Old Woman Who Named Things The Old Woman Who Named Things
Cynthia Rylant Kathryn Brown

Sandpiper 2000-08
売り上げランキング : 31799

Amazonで詳しく見る by G-Tools

“An old woman was living all alone. She had good samll house, furniture and a car. And she named them. Her life was quiet and peace until a puppy happened to appear at the fence of her front yard. The puppy looked hungry and lonely, so she fed it. Since then the puppy visited her every day, and the old woman kept on feeding it, but she wouldn’t name the puppy. When feeding it, she never forgot to tell “You should go home.” Then one day the dog did not appear.The old woman pretended herself that she did not care at all ,but…”

絵も語り口もやさしいトーン。名前をつけられたイスやベッドが、よく見ると顔があるようなんですよ。それも、また楽しい。

いつの頃からか、別れということをなんとなく意識するようになってきました。
出逢いがあれば必ず別れがある。いろいろな形の。

このお話のおばあさんから見たら、まだまだヒヨッ子とあしらわれるかもしれないけれど、
お気に入りの家具や車、はては家そのものにまで名前をつけてよりそう、
その心境に共感を覚えるのでした。

名前、だいじです。
自分自身にsloppieとかつけているやつが言うことではないか。
いや、これも愛情ゆえ。 ;)

shadowingする?

Posted on

さかい@tadoku.orgさんは、このところ「劇薬シャドーイング」のすすめに熱くなっておられますが、ためしにフランス語とドイツ語(これでは劇薬にはならないのだけど)でやってみたら、3日でネをあげたわたしです。

そしたら、昨日 推奨者ご本人にいわれました。

Among all the tadokists I know, there’s one who doesn’t need Gekiyaku-Shadowing at all, I suppose, and it’s you,sloppie-san.

(日本語で言われたのであって、上に書いたのはわたしのテキトー訳です。supposeって、こんな風に使うのかね?guess? think?)

あれま、そうですか。

別のところで、「1日10分の音読を!」と叫んでいる、とある英語教師のビデオを観ました。

音読もシャドーイングもわたしは趣味でやってきました。趣味ですよ。好きでやってるの。

昨日、学生さんにつきあってやってみたシャドーイングの素材は児童書の朗読だったかな?朗読しているのが男性で、きっと有名な方なんだろうな。でも、でも…それは、わたしがマネしたい音ではなかったのでした。だから、つらかった。すぐあきた。

好きでなきゃ、続かないと思うので、いやなら無理する必要はまったくないと思いますが、もし、どうしてもやるならば、聞いていて心地よい&マネしたいと思える素材を選ぶところから始めてはどうかなと愚考するわけです。

あ、上に書いた英語の先生は「dictationを!」とも叫んでいました。これも、わたしは中高生のときに勝手にやっていました。たとえばホール&オーツの歌とか、American Top 40のDJとか。歌は歌詞カードでわかる場合もありますが、当時はちゃんとしたカードがついていない場合も多く、正解はわからないまま。で、なんでそんなことをするかといったら、「いっしょに歌う・言う」ため。自分のチョー適当な英文を見ながら、録音したトークや歌と同時に、なりきって楽しむ、と。だから言葉の意味も不明なまま。でも、楽しかったなぁ。強制されていたら、そんなことをしたかどうか?だって、ただの遊びだったんだもん。

Love Story(by Eric Seagull)「ある愛の詩」読み合わせ、という遊びもしていました。翻訳本、映画、原書と楽しんで、最後は、いわゆるロールプレーイング。

ところで、シャドーイングをすすめられて、やってみて、急速に自分の変化を感じる学生さんも複数いるようす。「自分で感じる」ということが大切なんじゃないかなぁ、と思ったしだい。

おもしろそうならやってみる。どうせやるなら、自分で楽しくする。自分の直感を大事にする…そんなところでしょうか? :)