RSS Feed

Monthly Archives: February 2011

NZ地震

Posted on

昨日から、TVその他でくりかえしニュージーランドの地震被害が報道されています。
富山の専門学校の方々をはじめ、多くの日本人も被害にあい、
まだ安否が不明な方もいらっしゃいます。
日本から救助隊も向かいました。
ひとりでも多くのひとが助かりますように。
ただただ祈るばかりです。

日本赤十字社 義捐金はこちら

Advertisements

脳内音読!?

Posted on

メールでのやりとりが長くなってしまい、こりゃあ会って話そう…
と、急に決めて 雫さんと池袋ジュンク堂でデート。えへへ。

ジュンク堂 洋書売り場では、ささやかながらバーゲン開催中。
(ささやか、というのも、全然目立たない奧のほうで、開催お知らせのポスターもなんだか小さく地味…)
厚さに関係なくもしかして、300円均一?
手に取る本、どれも300円のシール。うーん、ほんとかな。
全部を確認したわけではないので、さだかではありません。あしからず。

さて、そんな中、雫さんったら
「これ、おもしろいよ!これはね…」と次々説明してくれる。
その上「持ってるから貸してあげるね!」
ありがたや。
「わたしはそんなに持ってない」といいつつ、「これも」「あれも」持っているじゃないですか。
うーん、すごい。

洋書売り場にいるとキリがないので、そろそろ移動しようか…と、言った直後
雫さんが興奮気味に「これ見て!!」と ある棚へ引っ張っていきます。
なにごと?と見たら

「これ、全部 Konishikiに見えた~」
そうだよねー、小錦ってハワイの人だもの、英語で本を書いていたっておかしくないよね、そうか、こんなに著書があるんだー
と、瞬時に納得した雫さん。
わたしもしっかり「こにしき」と読みました。あははは。

ところで、雫さんというひとの読みの速さは有名ですが(?)
なにしろ5行くらい一度に視野にいれて読んでいるというので、視覚情報処理がえらく速いひとなのだと思っていました。(そんな読み方を勝手に「雫読み」と命名)
しかーし!!
雫さんたら、自分は「脳内音読派だ」などというではありませんか。はぁ!?
そんなわけあるかいな、と思ったら、
ご本人によると 地の文、説明・描写の文はフレーズでまとまって見える、
でもセリフになると 急にそこから声が聞こえてくるそうなのです。
読んでいて登場人物を実際の俳優のイメージにはめていると、そのセリフはその俳優の声となって聞こえてくるのだって!!
うっわー。大発見。

映画やドラマの鑑賞数ははるかに及ばないながら、わたしの中にもいろんなシーンやセリフがあり、本を読んでいて、映画を見ているかのように登場人物が動きだしたり、
マンガの1ページとなってあらわれたり、
声が聞こえたりするのは たぶん同じなんだと思います。
それで、感極まって(?)なりきってそのセリフを言ってしまう(音読してしまう)わけです。
(雫さん、それはない?) なりきり、というか のりうつり音読?(オカルトか)
だから、実は本を読んでいる姿というのは、ひとには見せられない。ha,ha

そしてわたしの場合、地の文もちゃんとナレーターがいて、読んでくれるので、速度は遅いです。脳内完全音読派、というより脳内勝手にラジオドラマ派でしょうか。

歴女でもある雫さん。フィクションだけでなく、文法参考書や歴史物にも造詣が深く
読書の幅が非常にせまい自分をちょっと反省…。

もっと聞いてみたいこともあったなぁ、と帰宅してから思うわたし。
雫さん、また近いうちにぜひ!:-)

what tadokists are like 2 ~電車にて~

Posted on

Grown-ups can lose their ways ,sometimes very easily,
which often happens to tadokists….

CASE 1

CASE 2

CASE 3

You see?


  “Oh, where am I?”
  “…One thing is for sure, I’m NOT supposed to be here!”

You are surprised to know how deeply tadokists can get involved in what they read or listen to, aren’t you?
No, it’s no use to tell them not to focus too much on the books they read. They just can’t help.
That’s why they are tadokists, you know!
😛

ゆきやこんこ

Posted on

We’ve had snow in Tokyo too since yesterday, which is already melting.
It’s still chilly cold outside. I’d rather be in the warm den and open the pages of a beautiful picture book.

Jack Frost Jack Frost
Kazuno Kohara

Macmillan Children’s Books 2010-10-01
売り上げランキング : 31801

Amazonで詳しく見る by G-Tools

A boy living in the woods hated winter because all of his friends had to hibernate, and he had no friends to play with, except his pet dog. When he looked out of his window, the boy found a strange white figure dancing outside. It was Jack Frost. Jack told him they could become friends as long as he would not mention anything warm. They really had fun together until one day the boy found something…

Hmm, it is like to eat ice-cream in the warm living room in winter.
🙂

hopeless witch & wizard and cool detective

Posted on

Did I wirte “I can read lots of books without contest”?
Well, since the tadoku contest was over, I’ve been a bit …tired? I needed a while to get to novels, and for these two weeks I was reading some leveled readers for kids.

Little Witch Goes to School (Step-Into-Reading, Step 3) Little Witch Goes to School (Step-Into-Reading, Step 3)
Deborah Hautzig

Random House Books for Young Readers 1998-08-04
売り上げランキング : 13309

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Little Witch's Big Night (Step into Reading) Little Witch’s Big Night (Step into Reading)
Deborah Hautzig

Random House Books for Young Readers 1984-10-12
売り上げランキング : 12817

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Little Witch is a good girl. But she has to be bad because she is a witch. She is too good to be mean to people. Every time Little Witch failes to scare people, her mother is cross at her.

This wizard is also hopeless.

Mr Majeika and the Ghost Train Mr Majeika and the Ghost Train
Humphrey Carpenter

Puffin 2004-02-26
売り上げランキング : 164680

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Mr Majeika is a teacher of Class Three, and he used to be a wizard!
Now he is not supposed to do any magic, but he uses his little magic which often turn out to be aweful. Fortunately Mr Majeika has kind children in his class to help him a lot.

At the tadoku contest, many of the participants were playing games, which inspired me to try this English game.

Nancy Drew (Nintendo DS) Nancy Drew (Nintendo DS)

売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Here comes Nancy! The world-famous girl detective.

I enjoyed the game. I tried to solve mini-games, puzzles and to collect all the clues from everywhere. I think I did a good job. But when everyone gathered at the end and Nancy began to explain everything, I dropped open my jaw. Oh, Nancy, you are too smart for me to follow your theory…

ま、steedという語を覚えたからよしとするか(?)
推理に(?)2つほど単語を調べようと思いつつ、結局1つしか調べませんでしたが、それがsteed。辞書、百科事典、picture dictionay なんでも使えばよいわけですが、画像検索すると一目で了解できることがあり便利です。面白いし、おすすめです。
このゲームは知らない単語のオンパレードで、いちいち調べていたら進まなかったでしょうけれど。
たまにこういうゲームに興ずるのもよろしいと存じます。

P.S. つたないmangaをたくさんの方に楽しんでいただいているようで、嬉しいかぎりです。
また、そのうち描く予定です。たぶん。
🙂

what tadokists are like

Posted on


Would you bring your book with you when you travel?
What would you do if you have read more than half of the book, and it seems almost impossible for you to stop, but the book has over 1000 pages?

Oh, should I bring it with me?

Now the story is coming to its climax
I cannot stop reading it
But it’s too heavy to carry
And I’m not sure if I have time to read it
But …

If a tadokist decides to leave the book at home, then
what will happen?

Oh, why did I come without the book I was reading?
Stupid of me!
I really want to know what will be going on in the next scene.
aaaaah
Cannot think about anything but the book.

Don’t worry.
You can find another copy of the book at some places like;
airport, bookstore at where you are visiting…

Please! I’ll take this!!

And , so …
when the tadokist finally comes back from the trip,
the tadokist might collect all the information about e-book readers,
or, just click the purchase button of “kindle” at amazon
because the tadokist learns a lesson
from the hardest trip.


Some wild(?) tadokists will simply spilit the book into two or three,
and bring the 1/2 or 1/3 of it.
It is called “三枚おろし”.

Easy, huh?

いろいろやってみる

Posted on

I’ve been trying to translate a picture book my friend’s son wrote about 10 years ago.
But for me it is really hard to express in english what the story has inside. I like his story very much, and it seems to me the fact makes it more difficult to translte. Hmmm, …my life work? Oh, no.  :-(

I am also trying another translation. (こりない )
An English novel into Japanese.
haha.

まー、なんていうか、いろいろやってみようかなと思って。
やったからなに、というわけではないんだけど、いろいろトライしてみると楽しいんじゃないかと。どんな展開があるかわからないし。内側の展開でもいいのです。

tadoku.orgで「木を見るか、森を見るか」という話になっていますが、tadokuは「わからない語はとばす」のだから、そもそもが、総じて森を見るという方法じゃないかと思います。わからない語が減ってくればだんだん森のようすも詳しく見えてくる。(語彙、増えませんか?わたしは偏ってるけど確実に増えてるよ?それとも増える語彙数が少ないという話?–>もちろん、読んでいると1ページにいくつも知らない語はあるけれどね)
でも、「すごいなぁ」と思うtadokistは (わたしの知る限りの話だけれど)、みんないろいろなことをやっています。時間もかけています。ただの読書に終わらない感じ。
そういうもんじゃないかなぁ?
(Sさん、Wさん、体験をぜひどこかに書いてください)

translateなんて、じっくり木を見なきゃならないけど、森の視点から見ることも必要だから、両方できていいかも、よ?
和訳にしろ英訳にしろ、ちょこっとトライしてみただけでもわかるのは、著者のいいたいことをしっかり受け止めて、別の言語で表現するためには、たくさん豊かに言語に触れることが大事だなぁ、ってことです。

tadoku contestというものに初めて参加して、ネット上で文字だけのやりとりを外国の方とするときに、いかに失礼にならずに、こちらの要望をわかっていただくか、ということにヒジョーにドキドキいたしましたよ。そちらをご覧くだされば、どれだけ初歩的なレベルの話かおわかりいただけると思いますが、それも経験の積み重ねなんじゃないかなぁ。beginnerというよりtodllerですね。いろいろやっていけば、そのうちに あぶなっかしくも歩き出せるのではないかと思っています。

ありゃ、日本語だらけになっちゃった。ま、いっか。 🙂