RSS Feed

Monthly Archives: November 2013

Who is the boss?

Posted on

Well, of course, the answer is
“your BABY”!

While reading this book, I was thinking of the days when my daughter was little.
Yeah, she was little, but everything went with her
and my husband and I couldn’t refuse it, indeed.

Oh, my little bossy honey.

Boss Baby Boss Baby
Marla Frazee

Simon & Schuster Children’s 2011-08-01
売り上げランキング : 49001

Amazonで詳しく見る by G-Tools

世界はこどもを中心にまわる。
And that’s the right thing.

what you need for whale watching

Posted on

If you want to see a whale,
what do you think you’ll need?

A boat?
A pair of binoculars?

No.
The answer is…

You’ll see in this lovely picture book.

If You Want to See a Whale If You Want to See a Whale
Julie Fogliano Erin E. Stead

Roaring Brook 2013-05-07
売り上げランキング : 60239

Amazonで詳しく見る by G-Tools

This is the pizza that …

Posted on

This is the house that Jack built. のように、
どんどん文章がつながっていくお話。
ちゃんとオチもあります。

リズムよく音読すると楽しい一冊。
ピンクレベル。
(NPO多言語多読所蔵)

Pizza Pat (Step into Reading) Pizza Pat (Step into Reading)
Rita Golden Gelman

Random House Books for Young Readers 1999-05-18
売り上げランキング : 1280458

Amazonで詳しく見る by G-Tools

tadoku seminar 英語多読無料体験講座 開催!

Posted on

英語をなんとかしたい
多読をやってみたい
多読をはじめたけど、これでいいのかわからない
最近、停滞気味なんだけど…

そんな方のために。
第二回英語多読 無料体験講座が開かれます。(主催 NPO多言語多読)
日時 12月1日(日) 13:30~15:30
場所 NPO多言語多読 事務所(東中野駅より徒歩)

詳しくはこちらへ!
http://tadoku.org/seminar/2013/11/08/959

Happy Reading! 🙂

It’s a Mystery!

Posted on
The Eleventh Hour The Eleventh Hour
Base Graeme

Penguin Books Ltd 1993-10-28
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

絵本は絵を読む本。
そしてこれはまさに、絵を見ないとわからない謎がかくされている絵本です。
こどもにとっては、初めて読むミステリー本でしょうか。
いやはや、すごいよ、これは!
とにかくじっくり絵を読んでください。

絵本というより児童書に分類したい感じの英語です。
(NPO多言語多読所蔵)

Her Dream

Posted on

昨日、多読仲間のTさんの教え子の英作文を見せてもらって、
その のびのびした書きっぷりにたいそう感心しました。
さすが、tadokid。

ところで、最近、塾でもこどもの書いた文章に心を動かされたことがありました。

Aさんは高校生。中学のときはずっと英語が苦手で、こちらもどう指導してよいのか、
いろいろと四苦八苦したものでした。
おとなしくて、口数がすくなく、でもいつも真面目に取り組む子です。

教科書の練習問題にこんなことが出てきました。
「自分の将来なりたいものと、その理由を書こう」

I want to be ——– because ———-.

この空欄を自分で埋めるのです。
どうするのかな、と見ていたら
なにやら何度も電子辞書で調べていました。
そして一生懸命に文章を書いている。

保育士になりたいというのは知っていました。それは書けるかな、
でも
because のところは、手助けが必要だろうな、
I like children とか、そんなことでいいかな、
わたしはそんな風に考えていました。

ところが、Aさんの書いた文は

I want to be a nursery school teacher because from childhood my dream.

Aさんは言いました。
保育園でとても優しい先生がいたのです。
だから、子供の頃からの夢なんです。

わたしは自分の浅はかさを恥じました。
そして、自力で文章を仕上げたAさんの一途さに心を動かされました。
英文は間違っているけれど、
Aさんの気持ちは伝わってくる、
そんな風に思いました。

「とてもいい文が書けたね」
と言うと、
Aさんは「はい」とにっこり笑いました。

どうやら、英語に対する苦手意識は薄れてきたようなAさん。
彼女がこれから どんな風に成長するのか、
じっくり見守っていきたいと思うのでした。

How goes the work?

Posted on
Farmer Duck Farmer Duck
Martin Waddell Helen Oxenbury

Candlewick 1996-03-01
売り上げランキング : 66333

Amazonで詳しく見る by G-Tools

これは…なんだろう。
働かざる者食うべからず、ってことかな?
それともブラック企業へのアンチテーゼ…?
懸命に働いているDuckの疲れた姿がなんともせつない。